文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 青梅市立美術館 青梅市立小島善太郎美術館 > 実技講座「飾れる木版画をつくろう」

ここから本文です。

更新日:2013年11月14日

実技講座「飾れる木版画をつくろう」

趣旨

展覧会「版画の底力―木版編―」にちなんで、青梅市在住の木版画家である井上厚氏を講師に迎えて、木版画の実技講座を実施します。

木版画は最も身近な版画であり、学校の美術の時間や年賀状等で制作経験を持つ人も多いと思います。しかし、インテリアにもなる木版画となると、どのような図案で何をすればよいか、迷ってしまうのではないでしょうか。

この講座では、15cmくらいの正方形のシナベニヤを彫り、4色刷りの「飾れる木版画」を制作します。版の向きをかえたり、別の版を重ねることででき上がる、オリジナルな作品づくりに挑戦してみましょう。

概要

  • 日時 2014年1月11日(土曜日)、1月18日(土曜日)各回とも午後2~4時 ※2回連続の講座で、1回目に彫り、2回目に摺りを行います(1回のみの参加不可)
  • 講師 井上厚氏(木版画家、青梅市在住)
  • 対象 中学生以上(未経験者歓迎)
  • 定員 20名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
  • 持ち物 彫刻刀、雑巾、エプロン、手ふき用タオル、水筒、受講票(当選ハガキ)
  • 費用 300円(材料費)
  • その他 汚れてもよい服装で参加してください

申込方法

  • 往復ハガキに下記の事項を記入してお申し込みください。
    【宛先】〒198-0085青梅市滝ノ上町1346 青梅市立美術館「木版画教室係」
    【往信面裏】参加者の氏名、住所、電話番号
    【返信面表】郵便番号、住所、氏名、年齢、木版画経験の有無
  • 締切 2013年12月25日(水曜日)美術館必着
  • 注意事項
    • 2回連続の講座ですので、1回のみの参加は認めません。
    • 1枚のハガキで複数の応募はできません。
    • 彫刻刀を使いますので、ご自身でケガと道具の安全管理ができる方に限ります。
    • 開催中の見学、付き添いは認めません。
  • 抽選結果は年内に発送します。

講師略歴

井上厚 いのうえあつし

1962年東京生まれ。'86年に東京造形大学油画科卒業し、同年東京芸術大学大学院版画専攻に進学し、以降、個展を開催。'94~'95年には文化庁芸術インターンシップ研修に参加する。2003年に第3回飛騨高山現代木版画ビエンナーレにおいて奨励賞、'11年には同ビエンナーレで準大賞となる。東京藝術大学、埼玉大学、明星大学において、非常勤講師として木版画の実技指導に当たる。現在、青梅市梅郷に居住し、創作活動を続ける。

問い合わせ

教育部文化課美術館管理係
〒198-0085 東京都青梅市滝ノ上町1346
電話番号/0428-24-1195 FAX/0428-23-8229