文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 青梅市立美術館 青梅市立小島善太郎美術館 > 美術館だより > 美術館だより2011年5月8日号「ミュージアムコンサート『新緑・クラシックギター演奏会』開催」

ここから本文です。

更新日:2017年8月8日

美術館だより2011年5月8日号「ミュージアムコンサート『新緑・クラシックギター演奏会』開催」

ミュージアムコンサートが開催されました

 5月7日(土曜日)に、釜の淵新緑祭にあわせてミュージアムコンサート「新緑・クラシックギター演奏会」が開催されました。

リーフレット表紙

こちらは当日配布したパンフレットの表紙です。新緑の季節にふさわしく、緑色のデザインになっています。

 

満員の会場

会場は満員。ケーブルテレビの取材も来ました。

 

アンサンブル

新井伴典さん(左)と松田弦さん(右)の師弟による、息のあった演奏。

イベール、バッハなど西洋の名曲から、親しみのある日本の童謡、ポップスまで幅広い内容のプログラムで、観客を魅了しました。

コンサートの最後はクラシックギター曲の大家であるフェルナンド・ソルの作品で締めくくり、この楽器の魅力をあますところなく堪能できる演奏会となりました。

 

ステージ

ガラス窓の向こうに新緑の見える美術館ホールの特設ステージに、クラシックギターの爽快な音色が響き渡ります。

 

トーク

「ギターは一人オーケストラと呼ばれるほど表現力の豊かな楽器」、「新井さんの持っている茶色いギター(左)のボディーは杉材、松田さんの持っている黄色いギター(右)のボディーは松材でできいる」など、演奏の合間にはギターに関するトークも披露してくださいました。

お二人の絶妙な掛け合い、軽快な語り口に、客席からも笑みがこぼれました。

 

演奏

新井さん、松田さん、素敵な演奏をどうもありがとうございました。

問い合わせ

教育部文化課美術館管理係
電話/0428-24-1195