文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 青梅市立美術館 青梅市立小島善太郎美術館 > 美術館だより > 美術館だより2012年1月6日号「『十二支の世界』開催中 今年の干支、辰の作品に注目!!」

ここから本文です。

更新日:2017年6月29日

美術館だより2012年1月6日号「『十二支の世界』開催中 今年の干支、辰の作品に注目!!」

辰年には龍の作品を鑑賞しよう

ポスター

看板

 

明けましておめでとうございます。今年は辰年です。

現在開催中の企画展「十二世の世界」では、十二支の動物の登場する作品が展示されていますが、今年の干支である辰の描かれた作品は特に見どころです。

 

妹尾正彦《龍の敷物》

展覧会のポスターにも使用されているこの作品は、妹尾正彦の《龍の敷物》です。龍は天へと昇る壮大なイメージから、躍動や力強さを表す神聖な生き物とされています。日本をはじめ東洋では、おめでたい図柄として、絨毯のほかさまざまなものの文様によく用いられています。

また、これからさかのぼること40年前に同じく妹尾が描いた《少女と絨毯》という作品にも、龍が登場します。こちらの作品の龍ははたしてどのようなものか、あわせてご覧ください。

辰年を迎えて間もないこの時期だからこそ、龍の作品を鑑賞すると感慨深いものだと思います。ぜひお越しください。

問い合わせ

教育部文化課美術館管理係
〒198-0085 東京都青梅市滝ノ上町1346
電話番号/0428-24-1195 FAX/0428-23-8229