文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 青梅市立美術館 青梅市立小島善太郎美術館 > 美術館だより > 美術館だより2012年12月18日号「ミュージアムコンサート『煌めく音色ハンドベルの夕べ』開催」

ここから本文です。

更新日:2017年6月29日

2012年12月18日号「ミュージアムコンサート『煌めく音色 ハンドベルの夕べ』開催」

ハンドベルの煌びやかな音色が響き渡る幻想的な夜

ミュージアムコンサートポスター

12月9日(日曜日)に、ミュージアムコンサート「煌めく音色 ハンドベルの夕べ」が開催されました。

ハンドベル1

出演は国際基督教大学ハンドベルクラブ「ベルペッパーズ」の方々、総勢19名の大所帯です。20年以上の歴史を持ち、年2回の学内でのコンサートのほか、教会や介護施設での演奏会なども開催しています。吹き抜けのあるホールに、ハンドベルの煌びやかな音色が響き渡るとても幻想的な夜となりました。

ハンドベル2

1つのベルでドレミファソラシドとシャープ・フラットのうちの1つの音しか出せないため、小さいものから大きいものまで、実にさまざまなサイズのベルを使って演奏します。1人が4~5個のベルを受け持つのですが、曲の進行にあわせて次々とベルを持ち替えて演奏する姿は、目でも楽しめるものとなっています。

ハンドベル3

演奏では、鈴の形をしたハンドベル(右2人の持っているもの)の他に、細長いパイプの形をしたハンドチャイム(左2人の持っているもの)も使用され、柔らかな音色が奏でられました。

ハンドベル4

演奏の合間には、ハンドベルという楽器の歴史や演奏曲についてなどのトークも行われました。聴いたり見たりする機会がめったにないハンドベルに、観客は興味津々の様子でした。

ハンドベル5

満員の会場。赤いクロスと白い絨毯が、空間を華やかに彩ります。曲目も「ジングルベル」、「くるみ割り人形メドレー」、「まきびとひつじを」、そしてアンコールとして「もろびとこぞりて」が演奏され、12月のムードにぴったりのコンサートとなりました。

ハンドベル6

「ベルペッパーズ」の皆さん、素敵な演奏をどうもありがとうございました。

問い合わせ

教育部文化課美術館管理係
〒198-0085 東京都青梅市滝ノ上町1346
電話番号/0428-24-1195 FAX/0428-23-8229