文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 青梅市立美術館 青梅市立小島善太郎美術館 > 美術館だより > 美術館だより2013年5月16日号「ミュージアムコンサート『マリンバデュオなつかよ&パーカッション』開催」

ここから本文です。

更新日:2013年5月16日

美術館だより2013年5月16日号「ミュージアムコンサート『マリンバデュオなつかよ&パーカッション』開催」

マリンバとパーカッションによる、リズミカルでダイナミックな演奏会

ミュージアムコンサートポスター

5月12日(日曜日)に、ミュージアムコンサート「マリンバデュオなつかよ&パーカッション」が開催されました。

コンサート3

セットリストは以下のとおり。クラシックからブルース、歌謡曲からアニメソングまで大変幅広いレパートリーとなりました。

  1. ウイリアムテル
  2. アフリカンブルース
  3. 虹の彼方に
  4. シンコペーテッド・クロック
  5. タイプライター
  6. ひみつのアッコちゃん
  7. ルパン三世のテーマ
  8. 情熱大陸
  9. お祭りマンボ
  10. さそり座の女
  11. コーヒールンバ(アンコール)
  12. 幸せなら手をたたこう(アンコール)

コンサート6

なつ(高波奈津・左)さんとかよ(田村佳代子・右)さんによるマリンバデュオ「なつかよ」。2人で1台のマリンバを演奏す、息のぴったり合ったコンビネーションは絶妙です。

コンサート2

パーカッションの小林コウジさん。さまざまな楽器でリズムを刻み、曲を華やかに彩ります。

コンサート4

吹き抜けのあるホールにマリンバとパーカッションの音色が響き渡ります。背景にはまぶしいばかりに新緑が萌える美しいステージです。

コンサート1 コンサート7

演奏の合間には、トークも披露。軽妙で饒舌なお話に、満員の会場からは笑い声が絶えませんでした。

コンサート15 コンサート16

マリンバは分解して運び、その場で組み立てるので、どこでも演奏できるそうです。また、マリンバをたたくバチのことを「マレット」といい、低温部と高音部で素材が異なり、使い分けているとのこと。マリンバに関する大変興味深い話に、観客も興味津々の様子でした。

コンサート5

パーカッションのさまざまな打楽器を繰り出し、実に多彩なリズムを生み出す小林コウジさん。ジャンベでアフリカンな独特のリズムを刻んだり、

コンサート13

「虹の彼方に」という曲ではカホンでボサノヴァ風のアレンジを演出したり、

コンサート9 コンサート10

「シンコペーテッド・クロック」という曲では、ウッドブロックで時計の針の音を刻みながら客席の間を回るなど、エンターテイメント性あふれる演奏です。

コンサート8 コンサート11 コンサート12

また「タイプライター」という曲では、タイプライターのキーを打つ「カチカチ」という音、行の端で鳴る「チーン」という音、改行する「カチャッ」という音の3つを、パーカッションで見事に表現していました。

コンサート17

アンコールの「幸せなら手をたたこう」では、観客も一緒に手拍子をして、会場全体で大いに盛り上がりました。

コンサート14

「なつかよ」のお二人、小林コウジさん、素敵な演奏をどうもありがとうございます。

問い合わせ

教育部文化課美術館管理係
〒198-0085 東京都青梅市滝ノ上町1346
電話番号/0428-24-1195 FAX/0428-23-8229