地域の特色
青梅市中央やや東部の霞丘陵の南側から、
霞川沿いに広がる地域を学区としている。

かっては田園地帯であったが、
青梅線東青梅駅、青梅市役所、教育センターなどからあまり遠くないため、
青梅市の発展に伴い、住宅化が急激に進んできている。

学区の北の丘陵には、
国や都の重要文化財の指定を受けている塩船観音があり、
西側には勝沼城址がある。

丘陵の起伏するなだらかな傾斜地には、
田畑や緑が多く、自然と融合したおだやかな環境となっている。

幹線道路が少なく、
ほとんどが以前からの生活道路が舗装された道路である。

カーブが多く道幅も狭いため、
交通安全指導は、生活指導上の重点となっている。
学校の特色
本校は
昭和57年から58年9月にかけて発掘調査の行われた、
馬場遺跡の中に建設されたという大きな特色をもっている。

学校の敷地内から
縄文・弥生時代からの石器や土器、
奈良時代から平安時代にかけての住居跡、数多くの貴重な研究資料が
発見されている。

校舎は
鉄筋3階建。体育館とほぼ一直線に東西に長く伸び、
すべて南面する明るい建物である。

校庭は
一周200メートルのトラックと、
前後に20〜30メートルの長い助走路をもつ100メートル直線走路をとることができるなど、
恵まれた広さを誇っている。

児童と保護者
古くからこの地に住んでいた人と比較的新しく移り住んだ人とが
一体となり、しっかりした市民意識をもって生活している。

農業、自営業の保護者もいるが、ほとんどは通勤者である。

教育に対して関心も高く、学校に大きな期待を寄せている。

児童は
全体的に明るく社会性をもち、誰に対しても優しく仲良くすることができる。
教師に対してもなじみやすく素直である。