1年生を迎える会
―高学年としての初舞台―
1年生を迎える会では、5年生が、全校児童を代表して、歓迎の出し物をしました。昨年度、好評だった「ソーラン節」を披露しました。
久しぶりに踊ったソーラン節でしたが、振り付けをよく覚えていました。旧クラスに並び替えたり、記憶をたどって隊形移動をしたり、わずかな練習時間でよくがんばりました。  5年生のソーラン節を見て、驚いた様子の1年生でした。
総合的な学習(田植え) 
  先月植えた種籾から芽が出て、苗はすくすくと成長しました。無事に育った苗を、みんなで田んぼに植えました。
地域の方のご指導のもと、初めての田んぼに四苦八苦しながらも、なんとかすべての苗を植え終わりました。これから育つのが楽しみです。
  クラスごとに2列に並び、ゆっくりと田んぼに入りました。田んぼの土に足をとられて転んでしまう子も中にはいましたが、最後まで笑顔で楽しく田植えを経験することができました。
手植えの大変さと同時に、お米作りをすることの苦労を学ぶことができた1日でした。稲穂が実るまで、草取りなどの管理に取り組んでいきます。

 

ページのトップへ