図書室だより
四小には、子どもたちのために活動してくださっている
図書ボランティアの方がたくさんいらっしゃいます。
ここでは、その活動内容を少しだけ紹介しましょう。
活動内容
@読み聞かせ
読書週間や雨の日に読み聞かせをしています。今まで読み聞かせをした本は、「きつねのかみさま」「おこりじぞう」「キャベツくん」など。先生も一緒になって劇をしたこともあります。
A本の紹介、新刊本の案内
 新しく本が入ると、多くの子どもたちに読んでもらうために、本の紹介をします。
 掲示物を作ったり、紹介文を書いたり、興味のもてるような様々な工夫をしています。
また、新しい本には種類別にシールをはります。こうしておくと、どのたなにもどせばいいかすぐにわかるようになります。
B図書室の掲示
図書室の掲示板に、次の読み聞かせのお知らせが出ます。また、季節に合わせて絵もかわります。毎回変わるので、とても楽しみです。
C本の手入れや修理
たくさんの子どもたちに読まれた本は、しばらくするとよごれたり、やぶれたりします。そんな本を一冊一冊きれいにしてくださっているのも、図書ボランティアさんたちです。
D整理整とん
読みたい本を探しやすくするために、整理整とんは欠かせません。本を種類別に分けて、きれいにそろえます。
図書ボランティアさん、いつもありがとうございます。
図書室を使うときは、お仕事をしてくださっているボランティアさんや、ほかの人たちのことを考えて利用したいですね。