さまざまな試行(H16)地域に開かれた図書館

 

 2年目に入り、図書館の機能面の充実に目を向けました。
 市立図書館の司書の方の知恵をかり、毎日図書の整理をしてくれているボランティアの方たちや子どもたちにもわかりやすいように本を並べ替え、利用しやすい図書館を目指し大改造を試みました。この作業にも大勢の方たちが協力してくださいました。
  ソフト面でも工夫を試みました。
 『まず、図書館に通わせ、徐々に本好きな子どもに育てていく』という考えから、新しい試みとして、夏休みのプール指導が行われる期間中、図書館を開放し、『プールが終了したら必ず図書室に寄る』ことを呼びかけました。

利用状況

7月26日 7月27日 7月28日 7月29日 7月30日 8月2日 8月3日 8月4日
45人 89人 81人 雨天18人 雨天35人 79人 82人 88人

 さらに、“夏休み最後の一週間もプール期間同様開放してみたら”という推進委員の提案を受け、学年役員全員が図書ボランティアとして参加しました。PTAの強力なサポートにより、実現することができました。
 また、中休みの時間を利用して始められたお母さんたちによる「読み聞かせ」も、少しずつ本格化し、勉強会も繰り返しもたれました。
 月2回、朝の時間を利用して全学級で行われるまでになりました。
 こうした地域・保護者の方の活動は、もちろん子どもたちにもよい影響をあたえ、高学年が低学年に読み聞かせを披露したり、さらに他校との交流会へと広がりをもちはじめ、他校との交流は、この年、全学年で実施できました。



☆1年生・・・横田ウエスト小学校
☆2年生・・・あきる野市立一の谷小学校
☆3年生・・・立川市立西砂小学校
☆4年生・・・横田ウエス小学校
☆5年生・・・荒川区立尾久第六小学校
☆6年生・・・荒川区立尾久第六小学校


              
ウエスト小学校の1年生と
(給食を食べています)
あきる野市の2年生に
(読み聞かせをしてきました)

 「いきいき推進委員」や「地域ボランティア」の方々の活動は受け身ではなく、先進実践校から学ぶ講習会を自らもち、資質向上を図る努力をされました。一方、私たち教師も、保護者会の前に、家庭への広がりを念頭に置いた『教師読み聞かせ』を公開しました。
 こうした活動の結果、この年度は述べ746人もの方がこの事業に参加してくださいました。