校内研究 

◆ 平成24年度校内研究計画  ◆


校内研究計画概要


平成24年度 校内研究

青梅市立友田小学校
1 研究主題
子どもの無限の可能性を引き出し
              高める授業の創造
副主題 
  「論理的思考力を育てる課題追求型授業の追求−国語科等を通して−」

2 研究の概要
 教師は質の高い授業を創り出すことにより、子どもの持っている無限の可能性を引き出し高めなければならない。そのためには、従来から行われている研究方法では効果が上がらない。そこで、本校では校長の学校経営方針を研究主題とし、その研究主題のもと一人ひとりが研究テーマを設定し、1年間研究を進める。その過程で必ず研究授業を行う。(全員研究授業)研究授業には必ず講師を招聘し指導をうけることも大切である。表現力の育成に取り組みます。日本人は元来コミュニケーション能力や自己表現力が不足していると言われています。表現知という言葉があるように、表現力を高めることで子どもの学力は確実に向上します。これからの時代自己表現力は不可欠な能力です。

3 研究のすすめ方

(1) 研究主題を受け教師一人ひとりが自分の研究テーマを決め、1年間研究を深め、授業改善を行う。
(2) 研究の過程で、必ず研究授業を行い、授業のわかる講師より指導を受け、授業改善に生かす。
(3) 研究した結果は年度の終わりには必ず成果と課題として研究をまとめる。(研究集録)
(4) 今年度も、課題追求型授業の研究を行う。
(5)  公開国語授業研究会を行う。

▲上へもどる


©2012 Ome-City Tomoda Elementary school All rights reserved.