学校長より <<HOME


 平成29年度を迎えて
 
 校長 栗原 伊知郎
 
 みなさんこんにちは、青梅市立吹上中学校のホームページを御覧いただきまして、ありがとうございます。このホームページを通じて、少しでも本校のことがお分かりいただければ、大変嬉しく思います。
 さて、平成29年度、新入生71名を迎え、全校生徒数187名、全クラス数9クラスで、新学期を無事にスタートさせることができました。
 特別支援学級(自閉症・情緒障害固定学級)「ときわ学級」も4年目に入り、合計11名になりました。
 教職員の異動では4名が退職、6名の転出と8名の転入があり、今年度は38名の教職員で出発しました。異動については、学校だよりに詳しくのせてありますので御覧ください。
 初代校長、長沢良雄先生のもと、青梅市第八番目の中学校として産声を上げた吹上中学校。
 校章のいわれは、「梅は青梅のシンボル。冬の厳しさに耐え抜いてしかもおごらない清楚な花はうつくしい。五つのペンは、学業へのゆるぎない情熱」これこそが吹上中の紋章であると記されています。その校章の中に、建学の精神は脈々と受け継がれています。
 今、改めて伝統ある本校に流れる建学の精神を再確認し、本年度の教育活動を更に充実・発展させていく使命が我々にはあります。
 「不易と流行」をしっかり見極め、吹上中学校で学ぶ子供たちのために、力を尽くしていきます。 
 
   「建学の精神」
   ・困難な状況に立ち向かう強い意志。
   ・謙虚さ−実るほど頭をたれる稲穂かな−
   ・目指したことに愚直に突き進む。
   ・真善美に憧れ探求する。
   ・上のことを支える健全な心と体。
 
  建学の精神は、現在においても活かせる内容です。誇れる先人が、本校に遺していった思いを、もう一度胸に懐き生徒の育成にあたりたい。
 子どもの成長のために、保護者・地域の皆様のお力をお貸しください。
 今年度もよろしくお願いいたします。


<<HOME

Copyright(C) 2017 Ome City Fukiage Junior high school  All rights reserved