● 校章の由来 ●
校章
全体の形は蝶を意味し、調布を蝶で表現したものです。
羽は青梅織物の縞を、触角は糸を表しています。
二本の縞模様は二中の二を意味し真中のペンは文化のしるしで学校を意味しています。
花は青梅の花、梅を示し、全体として青梅二中を示しています。


● 校歌 ●
高田浪吉 詩
榊原烋一 曲
梅ひらく
立ちこむる
素朴なる
やしないて
わが友よ
ゆかしき匂い
光の中に
若きこころを
つどいておさめん
きそういまこそ
山ひらく
天地の
多摩川の
高くして
わが幸よ
明るき丘や
さやけき中に
瀬鳴りの音の
からだ鍛えん
讚ういまこそ
国ひらく
まなびやの
はたらきの
さきがけて
わが友よ
機おるひびき
青梅二中
世代の業にも
ふかく学ばん
起たんいまこそ

戻る