本校の教育目標

教育目標
新しい時代を担う社会の一員としての自覚のもとに
    自ら考え 進んで学ぶ生徒
    勤労と責任を重んじる生徒
    健やかな体と思いやりの心をもつ生徒
                          を育成する
校 訓
「正しく」「強く」「美しく」
目指す学校像
(1)将来の社会人として、社会規範の修得、集団として共に生きる姿勢を学ぶ学校
(2)生徒自らが学び、考え解決し、主体的に活動する学校
(3)生徒の個性が尊重され、豊かな人間関係の中で所属感、存在感をもてる学校
(4)生徒も教師も生き甲斐をもって共に生きる学校
(5)教職員の心が開かれ、課題解決のため協働体制が確立されている組織としての学校
(6)学校が開かれ、家庭・地域社会と共に生徒を育てる学校
指導の重点
(1)各教科
        
●一人一人の生徒が基礎的・基本的な内容を確実に身につけ個性や能力を伸ばすことができるように 指導する。
●生徒の興味や関心を大切にしながら、生徒の学習意欲を高める評価を実践すると共に、問題解決  学習や調べ学習を取り入れ、生徒が生涯にわたって学び続けていくことのできる力を養うことができ  るように指導する。
●指導の充実を図るためにコンピュータの活用、TTを推進していく。
     
(2)道 徳 生徒自身が自己の内面を見つめ、人間としてより良く生きていこうとする態度を養う。
     
(3)特別活動 学級活動、学校行事、生徒会活動の指導をとおして、生徒の自主的・主体的な態度を養う。
     
(4)総合的な学習の時間 生徒が自ら課題を発見し、自ら学び、主体的に学習を進めることのできる力を養う。
     
(5)その他の活動 心身障害学級I組との交流を通して、障害のある生徒への理解を深め、共に生きる意識と思いやりの 心を育む。
     
(6)生活指導 教師と生徒の信頼関係を育てると共に、生徒が内面的な自覚に基づいた基本的な生活習慣を身に  つけることができるように指導する。
     
(7)進路指導 生徒の発達段階に応じて、3年間を見通した進路指導を組織的、計画的に推進し、生徒の望ましい職 業観、勤労観を育てる。

戻る