教育目標


<学校の教育目標>
心身ともに健康で、国際的視野に立つよりよい社会人をめざして
   1 進んで学習しよう

   2 自他を大切にしよう

   3 責任を果たそう
<学校の教育目標を達成するための基本方針>
学力を広く「生きる力」「人間力」ととらえ、全教育活動をとおしてその具現化に努めることにより達成を図る。
生徒にとって「わかる授業」のための指導を工夫し、学ぶことの楽しさと成就感を体得させるとともに、基礎的・基本的内容の確実な定着を図る。
学力の基礎的・基本的内容を全生徒に保障する。
生命尊重の理念を基調として人権尊重の視点に立ち、生徒に様々な人権課題について考えさせる機会をもち、人権教育の充実を図る。
自国・他国の文化理解のための教育を推進し、国際社会に生きる日本人としての資質をはぐくむ。
読書活動を計画的・継続的に実施することで、豊かな情操をはぐくみ、調和のとれた人間性を育てる。また、メディア・リテラシーの能力を育成する。
健康・安全教育の推進のために、保護者・地域・関係機関と連携した組織的な取り組みを行う。
基本的なルール・規範意識の育成のために、生徒の主体的活動を尊重して全教育活動をとおして指導・育成を図る。
教育相談活動の充実のために、特別支援教育を視野にいれたチームを編成し、SC、コーディネーター、相談担当者の連携を基に、個別のニーズに応える指導・相談活動を行う。
保護者・地域との連携のために各種行事への積極的な参加を図り、また学校情報を発信することで相互の信頼を築く。
小中連携の推進を、学力の連続性と向上を目的に推進する。

  指導の重点
(1)各教科、道徳、特別活動、総合的な学習の時間
各教科
・授業改善プランを基に授業研究を深め、指導内容の吟味を行い、基礎的・基本的学習事項の充実を図る。
・学習の個別化に向け指導と評価を工夫・研究し、説明責任を果たす。
・習熟度達成度に応じた少人数授業を試行的に取り入れ、授業を展開する。
・選択教科の内容を充実させ、課題別、補充的発展的学習を推進する。
・情報教育の充実を図り、コンピュータ等の機器を活用し学習効果を高める。
道徳
・系統的な指導計画に基づき、道徳の時間はもとより全教育活動を通して心の教育を実践し、豊かな心をはぐくむ。
・教科、特別活動、総合的な学習の時間との密接な連携を図り、人間尊重の精神を培い、生命の尊厳と生きることの意義を深く考えさせる教育を推進する。
・指導計画を充実させ、生徒の心を揺さぶる教材・資料を準備し、授業内容を充実させる。
特別活動
・学校行事への取り組みをとおし、社会生活上のルールや責任感を育成する。
・望ましい人間関係を確立するために学級活動を基盤とし、自己および他者を理解し尊重する態度を育成する。
・生徒会活動を活発にし、自主的・実践的な態度を育てる。特に、保護者とともに実施する「あいさつ運動」や、地域清掃活動などのボランティア活動を中心に、自治的活動の向上に努める。
総合的な学習の時間
・生徒が自ら学び、考える力を育成し、社会の変化に主体的に対応できる力を育成する。
・全体テーマを「21世紀に生きる私」とし、地域性を最大限に生かした郷土学習を核に、身のまわりの自然や生活に根ざした調べ学習から知の総合化を図る。
・外部講師の活用や体験的な学習を推進し、自国・他国の文化理解を深める学習を推進する。
・数ある情報を主体的に選択し、価値ある方向に生かすことのできるメディア・リテラシー能力、情報収集・編集力を育成する。
(2) 特色ある教育の推進
■心の教育の充実のために生活体験・自然体験・勤労体験・ボランティア体験などの体験的な活動を推進する。(通学路・駅舎などの清掃活動、特別養護老人ホーム・保育園のボランティア活動・各種募金活動・事業所体験・講演会・茶道などの伝統文化体験の実施)
■「子どもいきいき学校づくり推進事業」をさらに発展させ、図書館活動を活発にし、読書活動を充実させる。また、 文化理解講座を開催し、古典芸能ワークショップ、茶道体験学習等を実施する。もって、国際社会に生きる日本人としての能力を育成する。
■広い通学範囲やさまざまな通学手段に対応して、安全指導の充実を図り、生命尊重の意識と態度を養う。
■教育相談機能の拡大を目指し、相談室登校生徒への対応のためにボランティアの活用を検討する。また、定例化している「不登校生徒をもつ保護者の会」を毎月実施する。
(3) 生活指導・進路指導
生活指導
1 生徒理解を基に、組織を生かした指導に努め、基礎的・基本的な生活習慣の育成とともに、豊かな人間性を培う。
2 健康と自他の身の安全を確保するため、安全教育、健康教育の推進を図る。
3 個に応じた適切な指導を通し、生徒自らが自己理解を深め、将来にわたる生き方を考えることができる指導に努める。
4 思いやりや他を尊重する豊かな心を育てる。 いじめ・不登校の早期発見や予防的対応を図りながら、不登校加配教諭やスクールカウンセラーと連携し教育相談の充実を図る。
5 保護者、地域(三校連絡会の有効活用等)、関係諸機関との連携を密に図り、人間性豊かな心の生徒の育成に努める。
進路指導
1 個に応じた進路相談を充実し、組織的な指導を行うことにより、自らの生き方を考え、主体的に進路を選択することができるようにする。
2 指導内容の改善・充実に努め、望ましい人生観、勤労観、職業観を身につけることができるようにする。
3 進路指導の資料や結果を整理し、生徒が自主的に活用できるようにする。
4 生徒の自己理解を深め、将来にわたる生き方を考えるように、三年間を見通した計画的な指導に努める。

   トップページへ

Copyright(C)2015青梅市立西中学校,All Right Reserved.