文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 企画展「幕末青梅」

ここから本文です。

更新日:2015年9月4日

青梅市郷土博物館企画展「幕末青梅」

当企画展はお陰様をもちまして、無事に終了いたしました。期間中はたくさんのご来館、誠にありがとうございました。

幕末青梅

 

青梅には「幕末の三舟」と呼ばれる勝海舟・高橋泥舟・山岡鉄舟が市内各神社に筆を取った幟旗をはじめ、多摩川での鮎釣りに由来する土佐藩士板垣退助の銅像、幕臣川路聖謨(としあきら)の武蔵玉川地方の巡視など、幕末の志士達の足跡が様々な形で存在します。
そして、黒船来航などによる治安悪化から剣術が盛んになり、青梅でも開平三知流剣術始祖三田左内、柳剛流三代目石川良助など多数の剣客を輩出しました。
また、青梅は埼玉県名栗谷の農民達を発端とする慶応二(一八六六)年の打ちこわし(武州世直し一揆)が及んだ地域でもあり、当市域の農民を巻き込み、青梅宿の穀屋をはじめ、多くの商家を打ちこわしました。
その後の旧幕府軍と新政府軍の争いにおいても、彰義隊と袂を分けた振武軍が抗戦の候補地として青梅を挙げ、それを回避した記録が残されています。

今回の企画展では、市内に残る志士達のモノ・記録、この地で起こった事件から青梅の幕末をご紹介します。

企画展開催概要

  • 会期:平成24年4月1日(日曜日)から平成24年8月5日(日曜日)まで
  • 開館時間:午前9時から午後5時
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
  • 入館料:無料
  • チラシ:表(PDF:144KB)裏(PDF:1,017KB)

主な展示資料

  • 勝海舟揮毫幟旗(千ヶ瀬神社所蔵)
  • 高橋泥舟筆幟旗(山神社所蔵)
  • 山岡鉄舟筆幟旗(春日・八雲神社所蔵)
  • 東京都指定有形文化財「旧多摩郡新町村名主吉野家文書」(郷土博物館所蔵)より幕末期の文書
  • 東京都指定有形文化財「旧多摩郡下師岡村名主吉野家文書」(個人所蔵)より幕末期の文書
  • 青梅市指定有形文化財「市川家日記」(個人所蔵)より幕末期の事件について記述された部分
  • 柳剛流師範・石川良助「千人同心指物旗」(個人所蔵)
  • 「亜墨利加国伯理璽天徳之書和解(アメリカ国プレジデント親書和約の写本)」(宗建寺所蔵)
  • etc...

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:教育部文化課 担当者:郷土博物館管理係

内線:5659

電話:0428-23-6859