文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 青梅市郷土博物館 > 新指定文化財「青梅のフセギのワラジ」のご紹介

ここから本文です。

更新日:2019年6月4日

青梅市郷土博物館

 

開館カレンダー

企画展「青梅市の文化財住宅~民家と町屋のしくみ~」企画展「青梅市の文化財住宅~民家と町屋のしくみ~」
企画展「甲冑武具展~青梅ゆかりの品々を中心に~」企画展「甲冑武具展~青梅ゆかりの品々を中心に~」

企画展「青梅のいきもの」企画展「青梅のいきもの~みんなつながっている~」

企画展「青梅の織物」企画展「青梅の織物」(仮称)

新収蔵品展新収蔵品展

常設展のみ常設展のみ

休館日休館日

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

新指定文化財「青梅のフセギのワラジ」のご紹介

青梅のフセギのワラジ

 

フセギとは、疫病や悪霊が村の中に入ってこないように、あるいは村の中にある災厄 を村の外に追い出すことを目的として、村人が協力して注連縄(しめなわ) やワラジなどを村境に吊るし、自分たちの生活の場を守る災厄の行事です。

岩蔵地区では毎年7月下旬の日曜日、谷野地区では毎年8月第1日曜日に、長さ40cm程度の大きなワラジを作り、岩蔵地区では6カ所、谷野地区では8カ所の旧村境に吊るしています。

岩蔵地区では愛宕神社の例祭にあわせて行われており「お精進( しょうじん)」と呼ばれ、ワラジの中央にサイコロの1から6までの目と同じように穴をあけています。

谷野地区では「十王堂 祈願 祭 」などあわせて行われ、ワラジの中央に四角い穴を一つあけています。

災いを防ぐためにワラジを製作して旧村境に吊るしているのは都内では当地のみであり、都民の生活文化を示す風俗慣習行事として貴重であるということから、このたび、東京都指定無形民俗文化財(風俗慣習)に指定されました。

詳細

指定区分

東京都指定無形民俗文化財

指定年月日

平成31年3月15日

保持団体

岩蔵のフセギのワラジ保存会・谷野のフセギのワラジの保存会

問い合わせ

青梅市郷土博物館
〒198-0053東京都青梅市駒木町1-684(釜の淵公園内)
電話 0428-23-6859
ファックス 0428-21-0464