文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 郷土博物館 > 企画展「明治時代の青梅―近代化と人々の生活―」

ここから本文です。

更新日:2018年6月6日

企画展「明治時代の青梅―近代化と人々の生活―」

meijijidai_no_ome_poster

平成30(2018)年は、明治元(1868)年から満150年にあたります。
明治維新によって、長きにわたった江戸時代が終わり、近代化が進んだ明治時代は、まさに転換期、激動の時代でした。
今回の企画展では、市内に残された明治時代の資料を展示し、当時の人々のくらしやでき事について紹介します。

会期や休館日について

  • 会期:平成30年4月24日(火曜日)から平成30年7月8日(日曜日)まで
  • 会場:青梅市郷土博物館企画展示室
  • 開館時間:午前9時から午後5時まで
  • 休館日:月曜日。ただし、4月30日は祝日のため開館し、翌5月1日が休館日となります。
  • 入館料:無料

主な展示品

hengaku金刀比羅神社扁額

tamaginkou_kanban多摩銀行看板

shoutaijou万年橋開通式招待状

kabuken織物興業社株券証

hikifuda引札

mitakesanzenzu武蔵國御岳山全図

関連イベント

企画展「明治時代の青梅」関連講座・展示解説講座

企画展「明治時代の青梅―近代化と人々の生活―」の関連講座として、青梅市文化財保護審議会委員の沖川伸夫氏をお招きして御講演いただきます。

  • 講演名:「ナイス精神」発祥の地・青梅―明治中後期の地域事情と高等教育志向―
  • 日時:平成30年6月30日(土曜日)午後2時から
  • 会場:釜の淵市民館1階研修室
  • 講師:沖川伸夫氏(青梅市文化財保護審議会委員・中央大学兼任講師)
  • 定員:先着80名(予約制)
  • 申込方法:青梅市郷土博物館(電話番号0428-23-6859)へ電話にてお申込みください。(毎週月曜日は休館です)

 

問い合わせ

部署名:教育部文化課 

電話:0428-23-6859

ファックス:0428-21-0464