文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 郷土博物館 > 収蔵品展「なんだこれ!?―昔の道具展―」

ここから本文です。

更新日:2018年1月10日

収蔵品展「なんだこれ!?―昔の道具展―」

nandakore_poster

郷土博物館は、数多くの郷土資料を収蔵しており、民俗資料だけで約1万点にものぼります。
これらの中には、懐かしく感じたり、初めて見るものがたくさんあります。
今回の収蔵品展で、今では使われなくなったさまざまな昔の道具を展示します。展示を通じて、昔の暮らしを振り返りながら、現在の私たちの暮らしを見つめ直すきっかけになるかもしれません。
子どもから大人まで、幅広い年代の皆様のご来館をお待ちしております。

会期や休館日について

  • 会期:平成30年1月23日(火曜日)から平成30年4月15日(日曜日)まで
  • 会場:青梅市郷土博物館企画展示室
  • 開館時間:午前9時から午後5時まで
  • 休館日:月曜日。ただし、2月12日は祝日のため開館し、翌13日が休館日となります。
  • 入館料:無料

展示品の一例

あの虫を捕まえる道具です学校で使う道具です商売が楽になる道具です川に沈めて使う道具です

イベント案内

収蔵品展「なんだこれ!?―昔の道具展―」体験・解説講座

3月3日(土曜日)午後2時から午後3時まで、旧宮崎家住宅と郷土博物館で収蔵品展の体験・解説講座を行います(要事前申込・先着20名)。

詳しくは、2月15日号広報おうめ(予定)をご覧ください。

問い合わせ

部署名:教育部文化課 担当者:郷土博物館管理係

電話:0428-23-6859

ファックス:0428-21-0464