文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 郷土博物館 > 青梅市郷土博物館企画展「戦国時代の青梅~三田氏の滅亡と北条氏~」

ここから本文です。

更新日:2015年8月24日

青梅市郷土博物館企画展「戦国時代の青梅~三田氏の滅亡と北条氏~」

戦国時代の青梅チラシ

当企画展はお陰様をもちまして、無事に終了いたしました。期間中はたくさんのご来館、誠にありがとうございました。

戦国時代の青梅では古くからこの地を支配していた三田氏が周辺地域に勢力を広げ、武蔵国の有力な国衆(国人)に成長していました。しかし、大永年間(1521~1528)になると戦国大名・北条氏が武蔵国へ進出してきたため、三田氏もその傘下に入りました。

 

永禄3(1560)年に関東管領・上杉憲政を奉じた長尾景虎(上杉謙信)が関東へ出兵すると、三田氏は北条氏から離反し上杉氏の陣営に馳せ参じました。長尾景虎は北条氏の本城・小田原城を包囲しますが、攻め落とす事ができず帰国します。その後、対北条氏の最前線に位置していた三田氏はすぐに北条氏の攻撃に晒される事となり、間もなく滅亡しました。

三田氏滅亡後の青梅は北条氏一族の北条氏照が支配し、青梅の武士達は氏照の指揮のもと関東各地へ出陣しました。北条氏は関東の多くを支配下に治めましたが、天正18(1590)年に豊臣秀吉の攻撃を受け滅亡しました。

今回の企画展では三田氏や北条氏を中心に関連資料を展示し、戦国時代の青梅についてご紹介します。

企画展開催概要

  • 会期:平成26年1月11日(土曜日)から平成26年3月23日(日曜日)まで
  • 会場・青梅市郷土博物館企画展示室
  • 開館時間:午前9時から午後5時
  • 休館日:月曜日(1月13日は開館)、1月14日(火曜日)
  • 入館料:無料

主な展示資料

ここで紹介している資料のほかにも関連資料を数多く展示しております。詳細は下記目録をご覧ください。色が付いているのは展示開始後に追加された資料です。

企画展「戦国時代の青梅」展示目録(PDF:153KB)

三田氏軍旗

北条氏照所領安堵状

伝・北条氏康画像

小田原衆所領役帳

勝沼城跡古絵図

三田氏軍旗(青梅市指定有形文化財)

北条氏照所領安堵状(青梅市指定有形文化財)

伝・北条氏康画像(個人蔵)

小田原衆所領役帳(個人蔵)

勝沼城跡古絵図(個人蔵)

 

関連講座

企画展関連講座「三田氏と小田原北条氏」

※参加申込の受付は終了しています。

関東戦国史研究の第一人者である駿河台大学法学部教授の黒田基樹氏をお招きし、三田氏や北条氏についてご講演いただきます。

詳細につきましては広報おうめ2月1日号または下記HPをご覧ください。

企画展関連講座「三田氏と小田原北条氏」

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:教育部文化課 担当者:郷土博物館管理係

内線:5659

電話:0428-23-6859