文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 郷土博物館 > 戦後70年企画展「戦時下の青梅」

ここから本文です。

更新日:2016年9月1日

戦後70年企画展示「戦時下の青梅」

当企画展はお陰様をもちまして、無事に終了いたしました。期間中はたくさんのご来館、誠にありがとうございました。

戦争展チラシ

 

第2次世界大戦が終了して70周年を迎えて、改めて平和の尊さを確認するため、戦争中に日常で使用していたもの、出征兵の方々が、使用していたものなどを展示します。

これらの中には、徴兵を受けて、戦地に行きその場所で使用した、あるいは身に着けていたもの。家族に宛てた手紙、戦地で撮影された写真。

これらの品々は、遺影として、形見として、家族に送られたものかもしれません。また、国内では、極度の物資不足となったため本来の材料が調達できず、代用品として使用したものなども展示します。

今、私たちの日常と当時の日常がいかにかけ離れたものなのか、この展示会の展示品をご覧いただき、平和の尊さをご実感頂ければ、幸いに存じます。

企画展開催概要

  • 会期:平成27年8月15日(土曜日)から平成27年10月4日(日曜日)まで
  • 会場:青梅市郷土博物館企画展示室ほか
  • 開館時間:午前9時から午後5時
  • 休館日:月曜日(9月21日は開館)、9月24日(木曜日)
  • 入館料:無料

主な展示資料

 

千人針

日章旗

軍服

防毒マスク

灯火管制用電球

千人針

日章旗

軍服

防毒マスク

灯火管制用電球

その他、戦争関連の資料を多数展示しております。

関連リンク

青梅市郷土博物館

問い合わせ

部署名:教育部文化課 担当者:郷土博物館管理係

内線:5659

電話:0428-23-6859