文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 郷土博物館 > 小林天渕画像(青梅市指定有形文化財)

ここから本文です。

更新日:2015年8月29日

青梅市指定有形文化財「小林天渕画像」

小林天渕

小林天渕(こばやしてんえん)は安永7(1778)年、小林惣右衛門知厚の子として青梅村中町(現・青梅市仲町)に生まれました。天渕は酒店を営み、年寄として青梅村の村政に携わっていました。

また、天渕は書画・詩歌・俳諧などを嗜む文化人でもありました。特に書画は著名な絵師である谷文晁(たにぶんちょう)に師事したといわれており、数多くの作品を残しています。

隠居後には、塾を開いて六百余名もの門人たちを教育し、文久3(1863)年に86歳で没しています

この画像は天渕没後に弟子たちによって作られたもので、老年期の天渕肖像が描かれています。

詳細

読み

こばやしてんえんがぞう

指定区分

青梅市指定有形文化財

指定年月日

昭和39年11月3日

所有者または管理者

青梅市

所在地

東京都青梅市駒木町1-684(青梅市郷土博物館)

公開状況

通常時非公開です。不定期で展示しています。

問い合わせ

部署名:教育部文化課 担当者:郷土博物館管理係

電話:0428-23-6859