文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 郷土博物館 > 旧多摩郡新町村名主吉野家文書(東京都指定有形文化財)

ここから本文です。

更新日:2015年8月24日

東京都指定有形文化財「旧多摩郡新町村名主吉野家文書」

新町村名主吉野家文書

江戸時代初期に新町村(現・青梅市新町地区)を開拓し、代々名主を勤めていた吉野家に伝わっていた3,866点の古文書です。江戸時代初期から明治期までの地方(じかた)文書であり、新たに開拓された村落である新町村の農民生活の実態や、周辺村落の歴史的動向などがわかり、大変貴重な史料群です。

詳細

読み

きゅうたまぐんしんまちむらなぬしよしのけもんじょ

指定区分

東京都指定有形文化財

指定年月日

昭和57年3月26日

所有者または管理者

青梅市

所在地

東京都青梅市駒木町1-684(釜の淵公園内)
青梅市郷土博物館(郷土博物館へのアクセス)

公開状況

普段は公開していません。不定期で展示しているほか、例年10月終わりから11月にかけて行われる「東京文化財ウィーク」において特別展示を行っています。

問い合わせ

部署名:教育部文化課 担当者:郷土博物館管理係

電話:0428-23-6859