文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

手続き・申請・相談 > 教育相談所 > 子ども・生徒のみなさんへ2

ここから本文です。

更新日:2011年10月26日

子ども・生徒のみなさんへ2

相談するとどうなるの?

カウンセラーに話し、きちんと受け止めてもらうことで、

また、あなたがカウンセラーに聞いてもらっているうちに、

あなたの困っていることや、自分が感じていることを、考えていることが、だんだんはっきりし、すっきりするよ。

 相談に行ったら、なにをすればいいの?

どんなことで困っているのか、どんな悩みがあるのか、あなたがどんなことに出合ったのか、つらいな、困ったなというあなたの思いを話せばいいんだよ。カウンセラーは、あなたの出合ったこと、困ったこと、どんなことに困っているのか、どれだけつらい思いをしているのか、ダンボの耳になってじっくり聞いて、受け止めてくれるんだよ。

「あなたが○○しなかったから悪いんだよ」とか「こうすればよかったね」というようなことはいっさい言わないよ。あなたが感じていることを一番大事にしながら、あなたの気持ちが少しでもすっきりできるようにお手伝いしてくれるんだよ。

「うまく話せないから相談できない」と、相談することをためらう人もいると思うよ。うまく話せなくてもだいじょうぶ。思いついたことをポツリポツリと話せばいいんだよ。安心して話せるようにカウンセラーが助けてくれるよ。話せなくてもだまっていることも大事にするんだよ。

他に相談するところは?

「相談する人」っていうと、まず、お母さん、お父さん、お兄ちゃん、お姉ちゃんなど兄弟姉妹、おじいちゃんやおばあちゃん、おじさんやおばさん、学校では担任の先生や保健(養護)の先生、お医者さんなどいるよ。もちろん、友達でもいいよね。

自分の力だけでは解決できないこともあるんだよ。早めに、気楽に相談することも大事だね。

イラストカット:青梅市立第一小学校教諭 時計祐司

あそびながら、すごすところ

soudan_play01

いろんな話ができるところ

soudan_consult01

まえのページにもどる