文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

ホーム > 第15回おうめ子ども俳句コンテスト入選作品一覧

ここから本文です。

更新日:2018年11月14日

第15回おうめ子ども俳句コンテスト入選作品一覧

今年度は小学生の部1,229句、中学生の部1,809句、計2,560句のご応募をいただきました。

この中から29句が入選作品として選ばれました。

青梅市俳句連盟の先生方からは、各句について講評をいただきました。

入選作品は以下のとおりです。

小学生の部

 

俳句(講評) 名前 学校 学年
審査員特別賞

だるまいち小さいだるまがころころと

(青梅でも毎年一月十二日に、商店街を通行止めにしてだるま市が開かれます。大きいだるまは段の上にきちんと置かれていますが、小さいだるまは乱雑に、前の方にころころと転がるように置かれています。らんちゃんの優しい目線は、その小さなだるまをとらえました。)

秋元らん 第一小

2

教育委員会賞

あおいうみさかなのようにおよごうか

(夏休みにみんなで海に行ったのでしょう。砂浜から沖の方を見ると、海は青々としています。空にも青が広がっています。海の中ではきっと、いろんな魚が楽しく泳いでいるにちがいありません。「さあ、おさかなさんのようにおよぐよ」そんな意気込みの一句です。)

大澤結梨佳 藤橋小 1
教育委員会賞

おとうとのたべたすいかはあかがない

(すいか、といえば赤のイメージですね。ひょっとして黄色い身のすいかかな、と思いましたが、さにあらず。おとうと君はすいかが大好きなんですね。赤がなくなるまで、つまり皮の近くまで食べたよ、ということなのでしょう。「あかがない」とはうまい表現です。)

市川陽菜 第一小 2
教育委員会賞

スイスイときれいにおよぐおとうさん

(何をやるにしても、お父さんは身近なお手本です。スイスイと泳いでいるお父さん。きっとクロール、いや平泳ぎでしょうか。憧れのまなざしでじっと見ている光景が目に浮かぶようです。大丈夫。いつかきっと、スイスイとお父さんのように泳げるようになりますよ。)

海野咲智子 今井小 3
教育委員会賞

ざりがにの真っ赤なはさみは夏の色

(どこかで見たザリガニなのでしょう、真っ赤なハサミが目に浮かぶようです。そのハサミの赤を夏の色、と捉えたところがお手柄です。「真っ赤なはさみは」とすると八音に近くなるので、あるいは「真っ赤なはさみ」として軽い切れを入れてもいいかもしれませんね。)

安田未幸都 藤橋小 4
教育委員会賞

金魚鉢赤いドレスがダンスする

(どんな金魚なのでしょうね。「赤いドレスがダンスする」からは優雅な琉金などをイメージしますが、そうとも限りません。和金のような動きの速いハイテンポのダンスかもしれません。「金魚鉢」と言い切って「赤いドレスがダンスする」、と展開させたのはなかなかです。)

北村彩莉 河辺小 5
教育委員会賞

つゆ明けのくもの巣キラリネックレス

(やっと梅雨明けしましたが、蜘蛛の巣にはまだ雨あがりの露が残っています。それがキラリと光ってネックレスのようだ、というのです。いい感性ですね。ちなみに梅雨明けも蜘蛛の巣も夏の季語ですが、この句は蜘蛛の巣を主題に詠んだものと解していいと思います。)

横山さくら 第一小 6
入選

なつまつりゆかたきがえたげたはいた

(これから夏祭りにお出かけです。手伝ってもらいながら、ゆかたに着替えました。苦労しながらもゲタも上手にはけました。「さあ、行くよ」、そんな躍動感が伝わってきます。)

海藤友希 第一小 1
入選

なつやすみマジックできてうれしいな

(子どもさんはマジックや手品が大好きなようです。旺大くん、夏休みにマジックの腕前はあがったのでしょうか。夏休みとマジックという、取り合わせの意外性に妙があります。)

青木旺大 河辺小 1
入選

あさみたらあさがおさんがおどってる

(「あさがおさんがおどってる」どんな姿・形で咲いていたのでしょうね。あさがおさんは、まるで踊っているように見えたのです。あるいは朝の涼風に揺れていたのでしょうか。)

神部義人 第四小 2
入選

ひまわりはせいたかのっぽおおきいな

(ひまわりは夏に向かってどんどん大きくなってきます。並んでみると、いつのまにか自分の背よりも高くなっていました。そんなひまわりの姿を、見たまま素直によみました。)

中村吏南子 霞台小 2
入選

クーラーのなかにはなにがあるのかな

(不思議ですよね、どうして涼しい風が出てくるのでしょう。冷蔵庫だって、どうして冷えるのか不思議ですよ。これからも、そんな不思議を素直に俳句にしてみてください。)

島田丈瑠 今井小 3
入選

すいそうのなかでめだかがおにごっこ

(おうちでメダカを飼っているのでしょうか。あるいは水族館でしょうか。住み心地にもすっかり慣れたメダカたちが、まるでみんなで鬼ごっこでもしているように楽しそうです。)

安武里紗 第四小 3
入選

みたけさん空気おいしい夏木立

(御岳山への途中でしょうか、あるいはロックガーデンの中にでもいるのでしょうか。両手を大きく広げて深呼吸、なんて空気がおいしいんでしょう。「夏木立」を上手に使いました。)

水谷栄汰 吹上小 4
入選

炎天下ヒットを打ってハイタッチ

(炎天にも負けず、みんなで元気に少年野球です。なかなか点が入らない緊迫した試合だったのでしょう、ついに均衡を破るヒットが出ました。一塁ベースを踏んでハイタッチです。)

木梨幸音 若草小 4
入選

ひまわりの元気いっぱいうけとった

(大きく伸びたひまわりが元気に、まるで笑顔を振りまくように咲き誇っています。「よし、わたしも元気いっぱい伸びのびやるぞ」、とその元気をひまわりから受け取ったのでした。)

土方結月

吹上小

5
入選

教室に一人もいない夏休み

(何かの用事で学校へ行き、ふとのぞいた教室。誰もいません。当然です、夏休みですから。当たり前のことを言っただけなのですが、ひときわ静寂が際立つ作品に仕上がりました。)

福冨颯 第一小 5
入選

とびこみや一歩一歩と足すくむ

(川遊びでしょうかプールでしょうか。飛び込みの順番がだんだんと近づいてきます。あと五人、三人、あと・・・。「とびこみや」でいったん切っての、臨場感へのつなぎが巧みです。)

飯田悠右 第一小 6
入選

虫くうなそのサツマイモ俺のもの

(収穫したものではないでしょうから、ここは「おい虫、そのサツマイモは俺のもの、実になるまで葉っぱを食うんじゃないぞ」、と解しました。さて無事だったのでしょうか。)

髙橋樂 第二小 6

中学生の部

 

俳句 名前 学校 学年
審査員特別賞

照れくさい感謝の気持ちを母の日に

(いつも家族として何気なく接しているお母さんに、母の日、改まって感謝の気持ちを伝えるのは照れくさいもの。だけど、思い切って・・・。お母さんも嬉しかったと思います。正直な気持ちの伝わってくる作品です。)

鴫原美咲 新町中 2
教育委員会賞

赤ちゃんのぷにぷにほっぺ鏡餅

(あやしながらそっと触れてみた赤ちゃんの、やわらかくて弾力のある「ほっぺ」は、まるでできたての鏡餅のよう。「ぷにぷにほっぺ」というオノマトペがとてもいいと思います。)

中野陽 新町中 1
教育委員会賞

ツツジの花くわえる子らのラッパ隊

(まるで鼓笛隊のように、開いたつつじの花を「ラッパ」のようにくわえて並んで歩いて来る子どもたち。暖かい春の日差しと、元気に遊ぶ子どもたちの姿が目に浮かびます。)

小島咲耶 第二中 2
教育委員会賞

被災地に台風来るなと願う声

(今年は大型の台風が何度も日本に上陸し、各地に大被害をもたらしました。報道された被災地の光景に心を痛められた徳田君。「台風来るな」は徳田君、被災者、日本中の皆の願いですね。)

徳田弦己

第二中

3
入選

星空の特等席は屋根の上

(先日火星の大接近と流星群が同時に見えたときがありましたね。そんな時、屋根の上はまさにこの上ない特等席。存分に宇宙のショーが楽しめたことでしょう。)

横尾遙珂 西中 1
入選

青梅初今年の夏は四十度

(日本中が猛暑だった今年ですが、青梅が最高気温の記録で全国に知られることになったのにはびっくりしましたし、戸惑いましたね。地球温暖化の行く末がますます心配になるこの頃です。)

池畑菜々花 泉中 1
入選

夕焼けが背中を照らす帰り道

(部活を終えての帰り道でしょうか。夕日も山際に暮れかけて、夕焼けの光を背中に受け自分の影を見ながらの下校です。勉強のこと、部活や友達のこと、一日のことが思い出されます。)

山本樹

西中 2
入選

部活後のぼうしの上に赤トンボ

(帽子を被っての部活というと野球、テニスなど。きつい練習を終えて汗をふいていると、脱いでおいた帽子に赤とんぼが来て止まり、すこしの部活の疲れが癒されてほっとされたのでしょう。)

水村祐希 第七中 2
入選

勉強をやってもやっても焦る夏

(受験勉強は実に「やってもやっても」きりがないものですね。焦る気持ちはよく分かりますが、これは受験生皆が同じ。あと五ヶ月、人事を尽くして天命を待つ。の気持ちで頑張りましょう。)

松崎慎吾 第七中 3
入選

塾帰り夢へつながる虹の橋

(来春の受験まで残り五ヶ月、塾と学校とで懸命に頑張る毎日。今日塾帰りに見た虹の橋はきっと希望校合格につながる吉兆に間違いない、と。受験生としての切なる思いが感じられる作品です。)

榎戸彩珠 西中 3

 

 

なお、入選作品は平成30年11月15日(木曜日)から平成30年11月30日(金曜日)までの期間、市役所1階のロビーで展示しています。お立ち寄りの際はぜひご覧ください。

 

たくさんのご応募ありがとうございました。

過去3回の入選作品

第14回(平成29年度)入選作品(PDF:104KB)

第13回(平成28年度)入選作品(PDF:97KB)

第12回(平成27年度)入選作品(PDF:179KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:教育部社会教育課