文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

教育方針・取り組み > フォトレポート一覧 > フォトレポート(平成23年度4月~3月) > 立川断層を見て学ぶ

ここから本文です。

更新日:2015年1月27日

立川断層を見て学ぶ

東日本大震災から早1年、改めて身近な自然災害を知り、防災意識を向上させることを目的として、3月10日に『立川断層を見て学ぶ』を実施しました。

定員を遥かに上回る応募があり、市民の関心の高さがうかがえます。

 

今井市民センターに集合し、まずは断層の仕組みについて学びました。

 

 

今井市民センターに集合し、まずは断層の仕組みについて学びました。皆さん真剣に耳を傾けています。

 

 

 

 

立川断層2

 

座学の後は、いよいよ立川断層の見学に出発です。

「今ちょうど立川断層の上を歩いています」という先生の言葉には、みなさん驚きを隠せない様子。

 

 

 

 

立川断層3

 

しかし、怖がっているばかりでは何も変わりません。

立川断層が過去に活動していたことは事実ですが、大事なことは私たちがこれから

どのように断層とともに暮らしていくかです。

 

 

 

見学の後、青梅市防災課から市の取り組みについて紹介しました。

自然災害は正確な予測が困難、小さな心がけが防災の第一歩になります。自分の命は自分で守るという意識を持つと同時に、

地域で協力して防災に取り組んでいくことが重要です。

なお、今回の講座内で使用した資料を、市役所3階社会教育課にて配布しています。(※なくなり次第終了)

 

 


 

問い合わせ

部署名:教育部社会教育課 担当者:鈴木

内線:2383

電話:0428-22-1111