文字サイズ
縮小
拡大
多言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
onsei

社会教育 > 生涯学習 > 公共ホール使用料助成金

ここから本文です。

更新日:2017年7月5日

公共ホール使用料助成金

市では、青梅市民会館の閉鎖に伴い、市内および西多摩地域の公共ホール等を使用して公演等を行う市内の団体に、予算の範囲内で使用料の一部を助成します。

対象

  • 市内に在住、在勤、在学する方の人数が過半数を超える団体(市から他の補助等を受けている団体を除く。)
  • 営利を目的としない公演であること。

助成範囲

  • ホール使用料のみ(器具等使用料は含みません。)
  • 青梅市民会館ホールを使用した場合との使用料の差額
  • 1,000円未満切り捨て
  • 上限額は7万円

回数

  • 毎年度1回で連続する2日間まで

対象施設

  • 福生市民会館
  • 羽村生涯学習センターゆとろぎ
  • 秋川キララホール
  • 瑞穂ビューパークスカイホール
  • 霞共益会館

申請方法

  • 対象施設の施設使用承認書等の必要書類を添えて施設を使用する年度内にあらかじめ申請してください。

 

問い合わせ

部署名:教育部社会教育課